アイコン 福岡空港 MDMA1万錠密輸 米国人逮捕

 

スポンサード リンク
 
 

合成麻薬のMDMAおよそ1万錠を福岡空港に密輸したとして、アメリカ人の男が逮捕された。

逮捕されたのは、アメリカ人の職業不詳、ザッカリー・ページ・アーノルド容疑者(68)。

アーノルド容疑者は、今月11日、フランスから福岡空港に到着した旅客機で、MDMAおよそ1万錠、末端の密売価格で4000万円相当を密輸したとして、麻薬取締法違反の疑いが持たれている。

以上報道より参照

男は「中身が何か知らなかった」と容疑を否認している。

警察は、フランスでMDMAを受け取ったとみて、詳しい入手経路を調べているという。

 

1226_03.jpg
 

MDMA密輸容疑で米国人逮捕

合成麻薬のMDMAおよそ1万錠を福岡空港に密輸したとして、アメリカ人の男が逮捕されました。

男は「中身が何か知らなかった」と容疑を否認しています。

[ 2019年12月26日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産