アイコン 要約版 (株)小野瀬フーズ、小野瀬水産(株)(茨城)/破産開始決定

 

スポンサード リンク
 

(株)小野瀬フーズ(茨城県筑西市玉戸1004-22、代表:小野瀬あや子)と関連の小野瀬水産(株)(同、同)は1月7日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、竹山拓弁護士(電話03-3567-7319)が選任されている。

破綻企業 要約
1
破綻企業名
小野瀬水産(株)
(株)小野瀬フーズ
2
本店所在地
茨城県筑西市玉戸1004-22(両社とも)
3
代表者名
小野瀬あや子(両社とも)
4
設立・創業
小野瀬水産は1977年8月創業、1982年5月法人化
小野瀬フーズは1991年8月に飲食店部門分離独立
5
資本金
小野瀬水産は1000万円
小野瀬フーズは5000万円
6
業種
小野瀬水産は鮮魚・魚介類の加工品販売卸業
小野瀬フーズは飲食店展開会社
7
店舗名
回転寿司の「すし勢」
和風レストランの「ごほう」と「晤寶」
とんかつ店の「かつ萬」など
8
売上高
小野瀬水産は3億円前後、主に小野瀬フーズへ卸し
小野瀬フーズは平成29年7月期8億円台
9
破綻内容
破産開始手続きの開始決定(両社一括申請)
10
破産開始決定日
2020年1月7日
11
負債額
小野瀬水産が約1.7億円
小野瀬フーズが約8億円
12
申請日と裁判所
2020年1月7日
東京地方裁判所
13
破産管財人
竹山拓弁護士(飯沼総合法律事務所)
電話03-3567-7319
14
破綻経過等
小野瀬水産は当初鮮魚店として創業、飲食店事業へも展開し、1991年8月に飲食店事業を小野瀬フーズとして独立させた。 その後、小野瀬水産は小野瀬フーズの鮮魚などの卸部門として主に存在し、一部、仕出しや百貨店などからおせち料理の受託製造もしていた。
 
飲食店を営む小野瀬フーズの売上高はピーク17億円以上あったが、その後は大手チェーン店の進出や消費不況の浸透により売上高が減少し続け8億円台まで落ち、出店経費などから赤字経営に、経営不振に陥っていた。
小野瀬フーズの売上不振に小野瀬水産も10億円以上あった売上高が、最近では3億円台まで落ち低迷していた。
小野瀬フーズの店舗展開における借入負担も重たく、資金繰りにも窮し、筑西市のふるさと納税のお返し品の「おせち」を受注していたものの、資金不足から納期を守ることができず、先行きの見通しも立たず、今回の申請となった。

[ 2020年1月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産