アイコン 韓国GM 非正規職560人を年末で解雇

 

スポンサード リンク
 

韓国GMは昨年末、生産量の減少や経営悪化などにより、昌原工場の請負業者7社との契約を終了すると発表した。

これによって請負業者7社に所属する労働者560人あまりは事実上解雇された。
彼らが去った部署には12月23日に臨時休業措置(TPS)で有給休職に入った正規労働者が投入される。
 
韓国GM側は最近、生産量が減少して1シフトへの切り替えに加え、請負契約の解除は避けられなくなっていた。
昌原工場は、小型自動車「スパーク」と小型商用車「ダボス」などを生産。しかし、最近のスポーツ・ユーティリティ・ビークル(SUV)人気で、小型自動車の販売が不振なうえに、GMの欧州市場撤退で欧州向けの輸出量まで減少し、需要が減少していた。

昌原工場の非正規職労働者らは、解雇措置に反発し、工場内のテントで座り込みを続けている。彼らはともに暮らすことができる方案を見いだすべきだと言い、解雇撤回を求めている。

金属労組韓国GM非正規職支会はこれに反発しているが、非正規・正規とも民主労総が組合を牛耳っていようが、貴族労組の正規労組は、非正規解雇に関係ないとばかりに、また臨時休業措置者の復帰に満足しているのが実態、所詮、銭欲と文政権迎合の組合である。
 
経緯、2000年に大宇自動車が経営破綻し、GMが出資し買収した会社。韓国はEUと2010年にFTA締結、欧州への輸出拠点の一つともなっていたが、2018年にGMが欧州を撤退し、また自社生産の販売車種も限られ、販売不振が続いている。
韓国文政権は、今年はさらに良くなると宣言している。すばらしい。

 

韓国GMの世界販売台数推移
世界販売台数
うち韓国での販売
 
販売台数
前年比
販売台数
前年比
構成率
2010年
1,000,000
 
 
 
 
2012年
800,639
 
145,702
 
18.2%
2013年
780,518
-2.5%
151,040
3.7%
19.4%
2014年
630,532
-19.2%
154,381
2.2%
24.5%
2015年
621,872
-1.4%
158,404
2.6%
25.5%
2016年
597,165
-4.0%
180,275
13.8%
30.2%
2017年
524,547
-12.2%
132,377
-26.6%
25.2%
2018年
462,871
-11.8%
93,317
-29.5%
20.2%
2019年
417,226
-9.9%
76,471
-18.1%
18.3%

 

[ 2020年1月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産