アイコン 住友重機械工業労組書記女が年金積立金6.4億円着服

 

スポンサード リンク
 

警視庁は9日、東証1部で造船・重機大手の「住友重機械工業」の労働組合の資金を着服したとして、同労組の元書記で無職の田村純子容疑者(60)(野田市)を業務上横領容疑で7日逮捕したと発表した。

着服総額が約6億4000万円に上るとみて裏付けを進めている。

警視庁幹部によると、田村容疑者は同労組の書記で経理担当だった2013年12月、組合員の年金積立口座から現金5000万円を自分名義の口座に勝手に振り込み着服し、田村容疑者は容疑を認めている。

警視庁は、馬術競技馬の購入費などに充てたとみて、詳しい使途を調べている。

以上、

連合が腐れると組合員まで腐れる。そうした腐れ連合に群がる野党のばか者たちである。

[ 2020年1月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産