アイコン ウクライナ機 イランが誤ってミサイルで撃墜か 動画

 

スポンサード リンク
 

ニューヨーク・タイムズは9日、イランの首都テヘランの空港近くで墜落したウクライナ旅客機にイランのミサイルが命中する瞬間を捉えたとする動画をウェブサイトで公開した。同紙は信ぴょう性を確認したとしているが、根拠は不明。

地上から撮影されたとみられる動画は約20秒間で、ミサイルが命中したとみられる瞬間には、夜空に閃光が確認できる。

ウクライナ機の墜落では、乗員乗客176人全員が死亡、イラン人82人やカナダ人63人らが搭乗していた。

同紙によると、ミサイル命中後も旅客機は数分間にわたり飛行を続け、テヘランの空港に引き返そうとしたという。

専門家は、エンジン故障でも飛行することができ、墜落直後から、2000メートル以上上空に至っていた同機が墜落することは考えられないとしていた。

https://www.nytimes.com
 

[ 2020年1月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産