アイコン SUBARU 20年生産計画11%増の110万台設定 米販売70万台

 

スポンサード リンク
 

SUBARU(スバル)は15日、2020年の世界生産が前年比11%増の110万台と、過去最高になるとの計画を発表した。

販売が好調な米国など海外需要に対応する。
 
国内生産が一連の検査不正を受けた減産などから回復し11%増の69万台、海外生産も11%増の41万台とした。
2019年の国内生産実績は▲6%減の61万9千台。
 
検査不正への対応で群馬製作所の生産ペースを2019年9月まで落とし、翌10月には台風19号の影響でサプライチェーンが寸断され、一時操業を停止したことなども響いた。一方、海外の生産実績は3%増の36万9千台だった。
 
米国では根強いSUBARUファンが構築されている。ただ、同社にも中型の本格的なSUVが米国でラインアップすれば、さらに販売強化されようが、米国以外での販売は日本も含め弱く、生産に伴う利益の回収保証がなされないのだろう。フォレスターは欧州型SUVに類している。
 
SUBARUは中国へ進出したいものの、トヨタの出資が入っており、合弁数制限を受け、中国側が認可しない現実がある。
SUBARU米国と日本の販売台数
 
米国
日本
 
前年比
前年比
2012年
336,441
 
108,071
 
2013年
424,683
26.2%
125,980
16.6%
2014年
513,693
21.0%
126,564
0.5%
2015年
582,675
13.4%
123,985
-2.0%
2016年
615,132
5.6%
121,989
-1.6%
2017年
647,956
5.3%
126,564
3.8%
2018年
680,135
5.0%
119,330
-5.7%
2019年
700,117
2.9%
105,075
-11.9%
・自社生産のない軽除く



 

[ 2020年1月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産