祭日だった29日の全国の人出は、東京や大阪で感染拡大前と比べて▲80%を超える減少となったほか、そのほかの当初からの緊急事態宣言の対象地域でも減少幅は70%を超えた。

NTTドコモは、携帯電話の基地局の情報をもとに、全国47都道府県の人出のデータをまとめている。

sponsored


それによると、29日午後3時時点の人出を、感染拡大前のことし1月中旬から2月中旬の休日の平均と比較したデータをみると、当初の緊急事態宣言の対象地域では、

大阪・梅田周辺で▲87.6%減、

東京・新宿周辺で▲81.7%減

と減少幅が▲80%を超えた。
横浜駅周辺で▲78.2%減、

福岡・天神周辺で▲76.9%減、

埼玉・大宮駅周辺で▲74%減、

兵庫県の三ノ宮駅周辺で▲70.5%減、

千葉駅周辺で▲70.2%減、

それぞれ減少した。

 

「特定警戒都道府県」に指定されている、ほかの6道府県では、

京都駅周辺で▲77.8%減、

名古屋駅周辺で▲77.6%減、

金沢駅周辺で▲74.9%減、

札幌駅周辺で▲71.5%減

と減少幅が70%を超えた。
茨城・水戸駅周辺は▲57.5%減、

岐阜駅周辺は▲57.3%減だった。

このほかの地域では、

広島市中区紙屋町周辺が▲70.8%減、

仙台駅周辺が▲68.3%減、

高松市丸亀町周辺が▲50.1%減だった。

 

以上、16都道府県は感染者も多く、改めて市民が怖くなったのだろう。