河野防衛大臣は25日午前、対米黒字減らしの鳴り物入りで導入を決定した新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画の停止をめぐり、自民党の安全保障に関する会議に出席し、政府が24日開いたNSC=国家安全保障会議で山口県と秋田県への配備の撤回を決定したことを明らかにした。

政府は24日、「イージス・アショア」の配備計画の停止をめぐり、安倍総理大臣と関係閣僚が出席して、NSC=国家安全保障会議を開催、河野防衛大臣が、停止判断した経緯などを報告した。
河野大臣は「昨今の東シナ海の情勢に鑑みて、イージス艦を弾道ミサイル防衛のみにあてるのも、決して、安全保障政策上、得策ではない。中・長期的に、どのようにしていくか、今から考えていかなければならず、党と政府の間でしっかりと意見交換しながら、前に進めて行きたい」と述べ、「イージス・アショア」に代わるミサイル防衛体制をはじめ、安全保障戦略の在り方を議論していく考えを示した。

会議の冒頭、自民党の安全保障調査会長を務める小野寺元防衛大臣は、「党としても、ミサイル防衛について、もう一度、どのような体制が必要なのか、プロジェクトチームを作り、議論したい」と述べた。小野寺氏が防衛大臣時代に導入を決定していた。

sponsored


防衛省は、イージス・アショア2基で日本全域を効果的に防護するには秋田県付近と山口県付近に配備する必要があるとして、当初、山口県萩市にある自衛隊のむつみ演習場と、秋田市にある自衛隊の新屋演習場を配備の候補地としていた。
防衛省は地元と調整するなどしてきたが、このうち秋田市の演習場については、防衛省のグーグル地図を利用するなど杜撰な調査や居眠り事件で、地元で反発が広がり、候補地をゼロベースで検討するとして、再調査を行ってきた。
さらに今月15日、河野防衛大臣が、山口県と秋田県への配備計画を停止する考えを表明していた。
以上、

イージス・アショアやTHAADが使い物にならなくしたのはロシア、レーダーで検索しにくい超低空・超超高速攻撃ミサイルを開発。
また、ミサイル弾道の軌道を計算して迎撃するこれらの迎撃ミサイルであるが、軌道を途中で変えることで、迎撃計算できないディプレスト軌道の攻撃ミサイルを開発してきた。ディプレスト軌道の攻撃ミサイルは今や中国のほか、昨年5月から頻繁に短距離弾道ミサイルの発射実験を行った北朝鮮もその多くがディプレスト軌道のミサイルだった。昨年5月からの一連のミサイル発射実験はいずれも成功している。
姿勢を制御しながらロケットエンジンの推力を変化させることで可能。

北朝鮮の新型ミサイルは、地球は丸くレーダーで捕捉しにくい高度50着る未満の低空を飛び、目標に近づけば急上昇させ、鋭角に相手陣地を攻撃するタイプの新型ミサイルと、低空を飛び、レーダー補足がさらに困難な超低空を飛行させ、目標に近づき、再度、低空域まで上昇させ目標を攻撃するタイプの実験を行っていた。

米国のTHAADもイージス・アショアも低空飛行してくる巡航ミサイルを撃墜することはできない。しかし、ロシア版THAADの地対空ミサイルS400は、巡航ミサイルも撃墜できるという。また射程も400キロとTHAADの倍の性能を有する。中国はロシアから3基導入している。
これは、米国がロシアの攻撃ミサイルを無力化させるために迎撃ミサイルの開発に乗り出し、そのためロシアが対抗し、ディプレスト軌道ミサイルや低空飛行する巡航ミサイル型の超超高速ミサイルの開発し、米国の迎撃ミサイルを無力化させるとともに、高性能の迎撃ミサイルまで開発したもの。

量子コンピータがパソコン並になり、原子力軍事衛星に搭載し、高出力の攻撃用レーザーによりあらゆる攻撃ミサイルを宇宙空間から撃墜できる日はまだ遠い。その衛星も地上から撃墜される可能性もある。

0625_07.jpg

0625_08.jpg

2019年7月の北朝鮮新型ミサイル軌道
0625_09.jpg