中国北京市気象局は6月25日午後、雷注意報を発令し、市内一部の地域で激しい雨や強い風に見舞われると注意喚起をした。

午後3時以降、雨とともにヒョウも降ったという。ネットユーザーが撮った写真では、ヒョウの形が新型コロナウイルスに酷似しているため、話題となっている。

北京では再び、市場で新コロナの集団感染が発生し、これまでに280人あまりの感染者が出ている。1日30万件の感染検査体制をとり、位置情報などの市場近隣滞在者を割り出し、検査を呼びかけるとともに、罰則付きで強制している。

市場では当初サーモンが感染源だとおかしな情報を市当局が持ち出し、ノルウェーからのサーモンの輸入を中国政府は停止している(中国とノルウェーとの関係はそれほどよくない)。

sponsored


ひょっとしたら、北京で現在発生中の新コロナは空から降ってきたのかもしれない。

中国では6月に入り全土で大雨が降り24省で洪水や土砂崩れが発生し850万人が被災したという。一時、三峡ダムも危険水位を超過していたが、これは持ちこたえたようだ。

地球温暖化、異常気象のすべての原因は、習国家主席率いる中華人民共和国にある。



0627_02.jpg