中国当局は28日、新型コロナウイルスの新たな流行を封じ込めるために、首都北京近郊の河北省保定市安新県の住民50万人近くを対象に厳格なロックダウン(都市封鎖)を課した。

中国は流行をおおむね抑制していたものの、北京で数百人が新型コロナウイルスに感染し、隣接する河北省でも感染者が確認される事態となっている。
保健当局は28日、北京から約150キロ離れた河北省安新県を「完全に封じ込めて規制下に置く」と発表した。
今年初めに武漢市において流行がピークに達していた際に実施されたのと同様の措置が講じられることになる。

安新県の防疫対策委員会は、各家庭から1人のみ1日1回、食料品や医薬品などの必需品を購入するための外出が許可されると発表した。

sponsored


安新県での今回の動きに先立って、北京では過去24時間で新たに14人の感染者が報告され、6月半ば以降の感染者数は計311人に上っていた。

今回の流行は北京の食品卸売市場「新発地)」で最初に確認されたが、安新県の複数の事業者がこの市場に淡水魚を出荷していたと、国営新華社通信は報じている。
中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報によると、安新県では12人前後の感染が確認されており、うち11人の感染がこの市場に関係しているという(安新県を含む保定市で16人が現在感染者数)。
以上、

やることなすことケタ外れの政治独裁国の中国、北京市の市場「新発地)」から新コロナが発生し、中国当局は感染した人の中にサーモンを調理していた人がいたことから、サーモンが原因の可能性があるとして中国当局はノルウェーからのサーモン輸入を停止している。

今度は、市場関係者でも今になって感染している安新県の人たちが原因だと見て、ロックダウン。
やることなすこと激しいが、文句を言えば政治を批判したとして逮捕されるのが中国共産党の独裁権の中華人民共和国。いまでは感染情報を流しても逮捕される。
安心県も大量に発生している可能性がある。

そもそも中国当局は12月30日まで新コロナウイルス感染症の発生を隠蔽し続け、
12月31日にWHOに報告
ヒト-ヒト感染の可能性は薄いとWHOに発表させ、
1月15日前後に春節前の恒例のドンチャン騒ぎをさせた武漢市当局と中国政府。
1月20日にいきなり中国政府は14億人の国民に対して「重要指示」を発表、
1月23日に武漢封鎖=ロックダウンから、
現在、世界累計感染者数1,006万人、死亡者数50万人のすべてが始まった。
初期に隠蔽したのが武漢市当局だろうが、中国政府だろうが、11月から原因不明の感染症と見られる患者が来出し、医師たちのSNS発信情報を12月下旬までに止めたのも事実。
台湾や韓国紙でも12月25日前後には武漢市で感染症発生かとすでに報じていた。