米老舗で衣料品大手のブルックス・ブラザーズが8日、米連邦破産法第11章(日本の民事再生法)の適用を申請し、経営破綻した。

新型コロナウイルスの感染拡大による店舗の休業が響いた。

同社は1818年に創業した老舗で、ビジネススーツやネクタイなどのブランドとして有名。1890年代にボタンダウンのシャツを発売して人気を博した。

日本には1979年に進出。

sponsored


ウォール・ストリート・ジャーナルによると、カジュアルな服装を好む男性が増えたことで、スーツを購入する男性が少なくなり、経営不振に陥っていたという。

米小売業界では新コロナ禍によって、これまでに高級百貨店ニーマン・マーカス・グループや百貨店老舗JCペニー、衣料品大手Jクルー・グループが破産法適用を申請している。

0709_03.jpg