過去最多の22人が立候補した東京都知事選挙は、現職の小池百合子氏(67)が、他を寄せ付けず圧勝して2回目の当選を果たした。
東京都知事選挙の結果は、(投票率は55.00%)
▼小池百合子、無所属、現。当選。366万1371票。
▼宇都宮健児、無所属、新。84万4151票。
▼山本太郎、れいわ新選組、新。65万7277票。
▼小野泰輔、無所属、新。61万2530票。
▼桜井誠、諸派、新。17万8784票。
▼立花孝志、諸派、新。4万3912票。
▼七海ひろこ、諸派、新。2万2003票。
▼後藤輝樹、諸派、新。2万1997票。
▼澤紫臣、無所属、新。2万738票。
▼西本誠、諸派、新。1万1887票。
▼込山洋、無所属、新。1万935票。
▼平塚正幸、諸派、新。8997票。
▼服部修、諸派、新。5453票。
▼齊藤健一郎、諸派、新。5114票。
▼市川浩司、諸派、新。4760票。
▼内藤久遠、無所属、新。4145票。
▼関口安弘、無所属、新。4097票。
▼竹本秀之、無所属、新。3997票。
▼石井均、無所属、新。3356票。
▼長澤育弘、無所属、新。2955票。
▼押越清悦、無所属、新。2708票。
▼牛尾和恵、無所属、新。1510票。

sponsored


前回2016年の選挙では291万票獲得し、次点の自民・公明が推薦した増田寛也(建設官僚/現、日本郵政社長)の179万票に圧勝した(投票率は59.73%)。

今回の選挙では自民二階氏が根回しし、安倍首相が早期に自民からの立候補はないことを首相と都知事の会談で通知していた。
今回の選挙では、自民、公明、都民ファースト、連合東京が支援し、前回よりさらに票を伸ばし圧勝した。

小池氏は、兵庫県出身の67歳。カイロ大文卒、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』の初代キャスターなどを経て、平成4年の参議院選挙で、当時の日本新党から立候補して初当選した。

翌平成5年に衆議院議員に転じたあと、平成14年には自民党に入り、環境大臣や防衛大臣、党の総務会長などを歴任した。
前回・4年前の都知事選挙では政党の支援を受けずに立候補し、自民・公明両党などが推薦した候補らを破って当選し、初めての女性の都知事になった。

ただ、2016年の都議会選挙で小池党に歴史的惨敗を喫した自民党都連との軋轢は残ったままになっている。