鹿児島県知事選挙は、新人で、九州経済産業局の前の局長の塩田康一氏が、自民・公明両党が推薦した現職の三反園訓知事や立憲民主党鹿児島県連が推薦した前知事の伊藤祐一郎氏らを破って初当選した。

確定投票率は49.84%で、前回の参院選挙と同日行われた知事選に比べ▲6.93ポイント低くなった。

鹿児島県知事選挙の投票結果は、

▽塩田康一、無所属・新、当選。22万2676票。
▽三反園訓、無所属・現。19万5941票。
▽伊藤祐一郎、無所属・元。13万2732票。
▽青木隆子、無所属・新。5万6297票。
▽横山富美子、無所属・新。2万7404票。
▽有川博幸、無所属・新。1万6832票。
▽武田信弘、無所属・新。5733票。

sponsored


塩田氏は、鹿児島市出身の54歳。昭和63年に旧通産省、現在の経産省に入省し、一昨年6月から九州経済産業局の局長を務めていた。

三反園は前回当選後、支持者たちに対して手の平を返したことから、そうした票が塩田氏に流れたものと見られる。

三反園は自民・公明が支援したものの、今では知事であっても二階派に入らなければ、自民の締め付けはゆるく、集票できず、自民票の多くも若い通産官僚の塩田氏に流れたものと見られる。

前回の知事選で三反園は革新系に近い浮動票を集めて当選した。しかし、票を投じた人たちを当選直後から裏切ったため、今度はそうした票がごっそり塩田氏へ流れたようだ。

 

当選した塩田氏は知事の抱負を、「新しい県政を皆さんが望んでいるのだということを感じた。今、鹿児島県は新型コロナウイルス対策、大雨の災害など課題が山積している。私のことを支援し、信じて投票してくださった県民の皆さんの思いにしっかり応えていく」と述べた。

なお、立憲民主党はいまや疫病神になっているようだ。最近はアホさ加減を丸出しにしている。