米WSJ紙は18日、ウォルト・ディズニー社が、米交流サイト大手フェイスブック(FB)への広告を大幅に削減したと報じた。

FBのヘイトスピーチ対策に不満を持つ企業による「広告ボイコットの動き」に同調した可能性がある。

ディズニー社は2020年1~6月期、動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の広告をFBで積

極的に展開し、米企業で最大のFBの広告主だったという。

sponsored


関係者によると、ディズニー社はFBに対する動画配信サービスの広告を停止している。

FBの広告は、不適切なコンテンツの削除が不十分とされている。

 

FBのヘイト対応は、トランプ大統領のツイッター社攻撃の材料にされ、社内でも批判されている。