既報。6月30日、大阪地裁において再生手続き申請していた、「しろくまツアー」「ジオツアー」の旅行企画の(株)ホワイト・ベアーファミリー(大阪市北区豊崎3-14-9、代表:島田篤)とグループのWBFホールディングス(株)(同所、代表:近藤康生)は同日、同地裁において再生手続きの開始決定を受けました。

負債額は、ホワイト・ベアーファミリーが約278億円、WBFホールディングスが約73億円。

同社は昭和52年創業の「しろくまツアー」「ジオツアー」の旅行ツアーの企画販売会社。
全国各地に営業店舗を構え、国内旅行では北海道や沖縄などのリゾートに強く、海外旅行でも「ハッピーホリデー」で中国・香港・バリなどアジア圏を得意としていた。同社は安さを売りに若年層に強く、ほかウエディングツアーやファミリー旅行なども拡大して事業を伸長させてきた。グループ会社も矢継ぎ早に設立させWBFグループを形成していた。

sponsored


最近ではインバウンド客も取り込み、ホテル事業にも参入して急速に業容を拡大、平成31年3月期には約207億円の売上高を計上していた。

しかし、今般の新コロナの感染拡大の影響で外出自粛要請および渡航制限が出されたことでキャンセルが相次ぎ、旅行業、ホテル業ともに売上高が激減、一部ホテルは休業を余儀なくされ、グループ全体で収益が激減していた。

4月27日には、WBFグループのWBFホテル&リゾーツ(株)が負債額約160億円を抱え、大阪地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行い、グループ全体でスポンサー探しなどしてきたが、今般、民事再生法による再建を図ることとなった。
なお、3社は6月30日、(株)星野リゾートとの間でスポンサー就任についての基本合意書を締結し、今後、事業を継続し、再建を進めるとしている。
なお、(株)ホワイト・ベアーファミリーの営む事業には旅行業があるものの、今回の民事再生法の適用を申請したことによる旅行申込者に及ぼす影響はなく、事業を継続していく。
星野リゾートも民事再生を申請させることで負債を大幅に圧縮させ、再建に取り掛かるものと見られる。

追、WBFリゾート沖縄(株)(沖縄・九州のホテル運営会社)、その他の関係会社は、法的手続はとっておらず、これまでどおり通常営業している。
破綻した3社は、民事再生申請のため、通常通り営業されている。

3社の合計負債額は単純合計で511億円にのぼる。

再生債権の届出期間は令和2年8月4日まで、再生債権の一般調査期間は令和2年9月3日から令和2年9月17日まで。
事件番号は令和2年(再)第11号・第12号となっています。


既報記事
(株)ホワイト・ベアーファミリー、WBFホールディングス(株)(大阪)/民事再生申請 負債350億超 新型コロナ関連倒産