飲食店向け食材一括仕入れ代行の(株)ウィンコーポレーション(東京都千代田区永田町2-11-1)は7月3日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、佐藤高章弁護士(電話03-5211-5711)が選任されている。

負債額は約27億円。

sponsored


同社は平成7年7月設立のフードプロバイダー事業会社。同社は元々食品関係の運送業から出発し、食材などの仕入業務を飲食店やホテルなどから一括仕入れ代行するフードプロバイダー事業を展開、飲食業界の人手不足もあり急成長し、平成29年3月期には60億円以上の売上高を計上していた。しかし、採算面は厳しく赤字から業容を縮小、平成31年3月期には同事業から撤退し、動向が注目されていた。

追、儲かるビジネスモデルの構築にはいたらなかったようだ。可能な限り人手をかけないで事業推進できるシステム作りが必要ではなかったのだろうか。