イラクの閣僚理事会は7月30日、日本の日揮とイラク最大級のバスラ製油所の55,000バレル/分の精製所を建設する契約を承認した。

石油省の声明によると、新工場は建設段階で7万人に加え、7,000人の雇用を創出するとしている。

日揮HDは設計や建設などを請け負い、原油精製の設備を増設し、ガソリンや軽油などの生産量を約3倍に高める。

サウスリファイナリーカンパニー(SRC)のジェネラルマネージャー、ハッサムワリ氏は、建設は来年初頭に開始され、4年以内に完了する予定。

40億ドルのプロジェクトは、日本の国際協力機構(JICA)からの融資によって賄われる。



 

sponsored


なお、イラクには韓国勢がIS敗退直後からダボハゼのように進出している。ただ、イラクも新コロナの感染拡大で、最近、韓国へ帰国している者も多いが、韓国の入国検疫で大量に感染者が出ている。

願わくば、日揮は、工事費用は円借款であり、下請け・孫請けは日本勢や現地企業と組むべきで、隣国勢に下請けをさせることは避けるべきだろう。韓国勢は何でもあり、イラク高官へのロビー活動(=賄賂)により、下請けに入る可能性もある。