世界最大の投資機関である日本の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の2020年度第1四半期(4~6月期)運用益は過去最高となった。
新型コロナウイルスによる経済悪化に対処するための世界的な金融緩和などを受けた国内外の株価上昇が要因で、過去最大の運用損を計上した1~3月期からV字回復した。

GPIFの発表によると、4~6月期の運用益は12兆4868億円、収益率は8.30%。いずれも年金積立金の市場運用が始まった2001年度以降、2016年10~12月期以来の過去最高だった。6月末の運用資産残高は162兆926億円に回復した。

6月末の資産構成比率は、
国内株式投資24.37%、
外国株式投資27.49%、
国内債券投資26.33%、
外国債券投資21.81%。
今回から円建て短期資産を国内債券に、外貨建て短期資産を外国債券にそれぞれ組み込んだため、当四半期の投資行動ははっきりしない。

 

sponsored


<2019年度>

2019年度(2019年4月~20年3月)のGPIFの運用資産残高は150兆6,332億円額で、損益は▲8兆3,201億円の赤字だった。収益率は▲5.2%のマイナスだった。
資産内訳は、
厚生年金が149兆3,896億円、
国民年金が8兆5,232億円。

損益内訳は、
厚生年金が▲7兆8,606億円の赤字、
国民年金が▲4,595億円の赤字。

2019年度の四半期別運用損益は、
第1四半期(4~6月)は、2,569億円の黒字
第2四半期(7~9月)は、1兆8,058億円の黒字
第3四半期(10~12月)は、7兆3,613億円の黒字
第4四半期(1~3月)は、▲17兆7072億円の赤字

短期資産や財投債含め2019年度末の積立金残高は▲8兆5,976億円減の157兆9128億円で、4年ぶりに前年度から減少した。
以上、