アイコン (株)太平洋クラブほか計7社/民事再生申請 負債額計約1,511億円

フ ジサンケイゴルフ「御殿場コースで有名な」(株)太平洋クラブ(東京都港区芝浦1-12-3、代表:桐明幸弘)および下記の6社は1月23日、東京地方裁 判所へ民事再生法の適用申請を行った。申請代理人は片山英二弁護士(電話03-5446-1857<専用ダイヤル>)ほか7名、監督員には、松田耕治弁護 士(電話03-6212-5500)が選任されている。負債額は下記の通り。

破綻事由は、下記の決済内容に示すとおり、膨大な債務超過状態にあり、会員権の償還に耐えられないため、今回の措置を取ったもの。
<(株)太平洋クラブ概要>
(1)商 号    :株式会社太平洋クラブ
(2)所在地   :東京都港区芝浦一丁目12番3号
(3)代表者   :代表取締役社長 桐明 幸弘
(4)事業内容 :ゴルフ場の経営等
          国内に18ゴルフ場を所有
(5)資本金   :4,000百万円
(6) 設立年月:1971年(昭和46年)5月20日
(7)決算期   :3月期
(8)大株主および持株比率太平洋ホールディングス合同会社 100%
(9)従業員数 : 0 名(2011年3月31日現在)
(11)主な事業所:太平洋クラブ御殿場コース(静岡県御殿場市、18ホール)他17コース
(12)最近事業年度における業績の動向
 
太平洋クラブの最近の業績推移
単体/百万円
2009 年3 月期
2010 年3 月期
2011 年3 月期
売上高
13,840
12,868
11,280
営業利益
1,022
575
590
経常利益
509
5
338
当期純利益
907
-9,712
467
総資産
72,287
60,813
31,952
純資産
-47,006
-56,719
-56,252
 
太平洋クラブグーループの民事再生
民事再生申請会社名
本社地
負債額 約
(株)太平洋クラブ
港区芝浦1-12-3
1,260億円
(株)太平洋アリエス
482億円
(株)太平洋ゴルフサービス
12億円
太平洋ティ・ケー・エス(株)
67億円
太平洋ゴルフスクエア(株)
18億円
太平洋ヒルクレスト(株)
27億円
太平洋トリアス(株)
25億円
合 計
 
1,511億円
・合計額には、㈱太平洋クラブの債務保証分を相殺して計上
 
<アコーディア・ゴルフが引き継ぐ予定>スポンサー
なお、今回の民事再生において、アコーディア・ゴルフがスポンサーになることで決定している。
(株)アコーディア・ゴルフは、(株)太平洋クラブ(以下、「太平洋クラブ」という)およびその子会社7社のゴルフ場事業および関連事業の再生を支援するスポンサーに就任することについて、本日(1月23日)開催の取締役会において決定、太平洋クラブおよびその子会社7社との間でスポンサー契約(以下「本スポンサー契約」という)を締結した。なお、太平洋クラブおよびその子会社6社は本日(1月23日)、民事再生手続の開始申立てを東京地方裁判所に行った(なお、太平洋クラブの子会社7社のうち三笠観光開発(株)は、民事再生手続の開始申立てを行っていない)。(株)アコーディア・ゴルフは、同民事再生手続を通じて太平洋クラブのゴルフ場事業を承継し、同社ゴルフ場事業の再生の支援を行う予定。
  アコーディア・ゴルフは、太平洋クラブのゴルフ場事業の再生の支援を行うにあたり、太平洋クラブと事業提携契約を締結している東急不動産との共同運営について、今後協議を進めるとしている。
  アコーディア・ゴルフは、バブル時代、馬鹿のように自然破壊して50億円以上かけて造られたゴルフ場が、償還問題等を抱え、破綻していくゴルフ場を、二束三文で買占め、今では135ゴルフ場を運営している会社。
[ 2012年1月24日 ]
モバイル
モバイル向けURL http://n-seikei.jp/mobile/
スポンサードリンク

コメント

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
サイト内検索