アイコン 付け毛の「ジェンティール」1.3億円脱税で告発

東京国税局は、約1億3400万円を脱税したとして消費税法違反容疑で、ヘアエクステンション(付け毛)販売会社「ジェンティール」と青木信貴社長(41)、中国籍の何沙寧元役員(40)を東京地検に告発したことが8日までに判明した。

同社は中国の業者から、女性向けの付け毛や美容師がカットの練習に使うかつらを輸入し、美容室に販売している。

令和元年3月期までの3年間、経理書類に虚偽の内容を記入し、仕入れ時に支払った消費税について控除額を過大に計上した疑いがもたれている。隠した金は事業資金に充てたとみられる。

青木代表は、国税局に従い修正申告し、一部納税を済ませたと報じられている。

同社はホームページで「ヘアエクステンションでは国内トップクラスのシェア」とうたっている。2020年3月期の売上高は推定約9億5000万円。

 

スクロール→

会社概要

 

社名

株式会社ジェンティール

 

本社

東京都墨田区緑4-16-9

 

代表取締役

青木 信貴

 

創業

2008

 

設立

20104

 

資本金

1,000万円

 

主な事業内容

エクステンション・カットウィッグ・まつげエクステンションの製造・卸・販売、コスメ商材の卸・販売

 
 

沿革

 

2008

千葉県市川市にジェンティール創業

 

2008

東京都墨田区錦糸に移転

 

2010

株式会社ジェンティール設立

 

2011

中国青島市にオフィス開設

 

2012

青島オフィス閉鎖、墨田区江東橋に本社移転

 

2013

カットウィッグ生産開始

 

2015

墨田区緑に本社移転、資本金1,000万円に増資

 

2016

福岡市に九州営業所開設

 

2018

まつげエクステンション販売開始

 

2019

コスメ販売開始

 

 

 

[ 2021年2月 8日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産