アイコン 「あくびコミュニケーションズ」の元社長ら逮捕 不正引落し5億円超か

警視庁は15日、通信サービス事業などを手がけていた東京・渋谷区の「あくびコミュニケーションズ」の元社長の遠山和久容疑者(39)と元事業部長の佐竹雅哉容疑者(43)が2019年12月、通信サービスの架空の利用料の名目で、延9000人以上の顧客の口座から合わせて2億8000万円余りを不正に引き落としたとして電子計算機使用詐欺の容疑で逮捕した。同社は運転資金などに充てていたとみて調べている。

 

同社は2019年当時、電力の小売り事業をめぐり、事実と異なる内容を告げて勧誘を行っていたとして消費者庁から業務停止命令を受けるなどして経営難に陥り、昨年2月、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けている。

被害総額は5億円以上に上ると見られている。

破産記事

ネット接続サービスのあくびコミュニケーションズ(株)、(株)カステラ(東京・札幌)/破産開始決定


 

[ 2021年4月15日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧