アイコン 民団 分裂の危機か 民団本部と東京本部の権力争いに発展

在日本大韓民国民団(民団)で、トップの中央本部団長を決める選挙に端を発した内紛が深刻な様相を呈していると朝鮮日報が28日掲載している。

同選挙を巡っては、今月6日に開かれた民団の最高議決機関である第55回中央大会で候補だった任泰洙副団長が候補者としての資格を剥奪され、呂健二団長の再選が決まった。この際に投票された約1600票は開票されなかった。

これを受け、民団の各地方本部は史上初の無開票での当選に抗議し、民団東京本部(李壽源団長)が主導して「民団中央正常化委員会」を設置し、臨時中央大会の開催を要求している。

正常化委員会はこの日、東京で開いた記者会見で、臨時中央大会の開催を推進すると発表した。
正常化委員会には28日時点で、47の民団地方本部のうち35の地方本部の団長が参加しているといい、関連規定により臨時中央大会の開催を要求することができるという。

正常化委員会は、臨時中央大会が開催されれば、無開票で再選した呂氏の不信任案を採決し、改めて団長選挙を実施するという。

 

記者会見に出席した呉公太前中央本部団長(常任顧問)は、「今回の選挙は本当に恥ずかしい。民団の正常化のためには臨時大会を開いて、新しい団長を選出するしかない」と述べた。

ただ民団の執行委員会は、臨時中央大会の開催を巡り妥当性を審議するとの立場だとされ、大会の開催は不透明な状況。
前回から約3年ぶりとなった中央本部団長選挙は新型コロナウイルスの影響により郵便投票で実施された。

民団は2月26日に開かれた中央大会で新団長を選出する予定だったが、選挙管理委員会が任氏の候補者としての資格について問題提起したことで開票が延期されていた。

3月12日に再び開かれた団長選出のための中央大会で選管委は、任氏が団長選挙の立候補に際し、過去に起訴され、裁判を受けた事実を明らかにしなかったことは立候補資格の取り消しに該当すると報告した。
一方、中央大会臨時議長団は選管委の措置を無効として開票を宣言した。
選管委と臨時議長団が対立する中、開票は行われなかった。

 民団は47の地方本部と260の支部、約30万人の団員で構成されており、韓国政府は毎年約80億ウォン(約7億8000万円)を支援している。
以上、朝鮮日報ほか参照

統一日報は、どうみても任氏は母国文政権与党に近いように記載している。
米国など海外の韓国民族は右も左も関係なく韓国の大統領を盲目的に父として敬愛する習性がある。日本でも見られるように外国でもなかなか住んでいる国になじまず、コリアタウン、コミュニティを形成。そうしたコミュニティの高位者は韓国の大物政治家と結びつくことを常に願っている。大統領との接見ならば最高だ。そのため韓国の政治家の鶴の一声で動き出す。それが海外における日本批判や慰安婦像設置の原動力にもなっている。口から生まれたと思われる人たちであり、自己主張しない日本人たちは口では負けてしまう。

呂健二団長の過去の報道取材における発言、
「大韓民国の国民であり、選挙で選出されればどの大統領であれ保守か進歩かに関係なく支持する。外で自国を非難してはいけない。(保守か進歩かに関係なく)日韓関係が重要だ。(保守を標ぼうした李明博元大統領が独島訪問をしたことについて)私が最も嫌いな歌が『独島はわが領土』だ。行く必要があるのか。我々が独島(竹島)を保有しているのに静かに持っていればよいのでは。本当にバカだ」。

今回の民団の内紛は、任泰洙民団副団長+呉公太前民団長(現民団常任顧問)+李壽源東京本部団長らが結託して動いている。
民団長選挙で、(全部郵送された票の)開票直前になり、選挙管理委員会から過去の犯罪歴隠蔽により候補者資格なしとされた任泰洙氏の犯罪がどういう犯罪か知らないが、現在、権力闘争の渦中にあることだけは間違いない。

また、文政権から民団の呂健二団長が嫌われていることも裏づけがあるようだ。一方、呉公太前民団長は文政権から表彰されている関係にある。
単に権力争いなのか、裏で韓国大統領府が動いているのか、わからない。

在日の人たちが怖いのは、今の在日の若い人たちが進んで韓国の徴兵制を受けていることだろう。徴兵制での任務は2年、思想教育での洗脳も含めて軍事訓練を受けている。そして日本に帰国して、韓国の諜報機関や韓国軍の細胞になっている可能性は否定できない。

韓国から日本へ来る人たちは、スパイでない限り、両国間の複雑な問題を割り切って日本に来ており問題はないだろうが、在日として徴兵制を回避できるにもかかわらず、自ら進んで兵隊になる人の頭はすでに固まっており、韓国の細胞として機能する可能性が高い。そこに一抹の不安を覚える。

中洲のビル5階の店のサムゲタンとまっこりは最高においしい。知り合いの韓国の人たちの溜り場だ。まだあるだろうか。

 

[ 2021年4月29日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


破産・小口倒産一覧