アイコン 婦人服の(株)ローブリッヂ、(株)エルプランニング(東京)/破産手続き開始決定

婦人服製造・卸業の(株)ローブリッヂ(所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目*** )と婦人服卸業の(株)エルプランニング(同所)は4月28日付、東京地裁において破産手続きの開始決定を受けました。官報より参照。

負債総額は2社合計で約6億円。

(株)ローブリッヂの資本金は9000万円、業績が低迷する中、新型コロナの影響もあって事業を断念、今回(株)エルプランニングとともに倒産の事態となった。

 
 

破産管財人には、木村昌則弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和3年6月2日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和3年8月5日午後2時。

事件番号は令和3年(フ)第2394号・第2395号となっています。

 


スクロール→

破綻要約

1

破綻企業名1

(株)ローブリッヂ

2

本社地

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-22

3

代表

酒井信行

4

破綻企業名2

(株)エルプランニング(1の関連会社)

(解散していた休眠会社)

5

本社地

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-22

6

代表

代表清算人:酒井聖

 

(株)ローブリッヂ

7

設立

1968年5月

8

資本金

9000万円

9

業種

婦人服の製造および卸業

10

売上高

2020年2月期、約2億円

11

破たん

2021年4月28日(12共通)

破産手続きの開始決定

12

裁判所

東京地方裁判所

13

破産管財人

木村昌則弁護士(木村・古賀法律事務所)

電話:03-6300-6580

14

負債額

ローブリッヂが約4億円

エルプランニングが約2億円

15

破綻事由

ローブリッヂは婦人服の製造および卸業者、以前は7億円以上の売上高を計上していた時期もあったが、競争激化で売り上げ不振が続く中、卸先が百貨店や大型量販店に出店している店舗だったため、今般の新コロナ事態でそうした店舗が休業などから大幅な売上不振に陥り、同社の受注も激減、今回の事態に至った。

 

[ 2021年5月14日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 
  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧