アイコン インドカレー「ナーナック」の日印国際貿易(有)(福岡市)/破産開始決定

親不孝通り入口の本場インド人が作るカレー店「ナーナック」経営の日印国際貿易(有)(福岡市中央区舞鶴1-2-33-601号、代表:アナンド・グルビー ル・シン)は10月12日、福岡地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、安武雄一郎弁護士(電話092-406-8271) が選任されている。

負債額は約2億5千万円。

福岡の老舗インドカレー店「ナーナック」は、過去、中国・関西へ店舗展開、また「ナーナック」商標でレトルト食品にも展開していた。しかし、今ではそうした店舗展開や多角化が負担となり、不採算店舗の閉鎖などリストラを敢行していたが、資金繰りに窮し、今回の事態に至った。

 一部の「ナーナック」店舗は破綻前に売却され、営業は続けられている。

[ 2012年10月23日 ]
モバイル
モバイル向けURL http://n-seikei.jp/mobile/
スポンサード リンク

コメント

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   

↑トップへ

サイト内検索