sponsored

12日午前9時半ころ、佐賀市富士町の「天山スキー場」で行われていたタイヤを滑らせて車を走らせる「ドリフト走行」のイベント会場で、走行中の車がコースを外れ観客に突っ込み、警察によると、4人が病院に運ばれ、このうち観客の男性1人が意識不明の重体となっている。

この事故で、車を運転していた20代の男性と助手席の30代の男性、それに観客の40代と20代の男性の計4人が病院に運ばれ、このうち観客の40代の男性が頭を強く打つなどして意識不明の重体となっているほか、観客の20代の男性が、あごの骨を折る大けがをしたという。

スキー場の運営会社によると、事故が起きた駐車場は、冬場以外の時期にサーキット場などとして貸している場所で、12日は佐賀市の自動車整備会社に貸し切りでドリフト走行のイベントが行われていた。

イベントには66台の車が参加し、会場には100人ほどがいたという。

以上、

タイヤをコントロールするドリフト、タイヤがポロボロだと、ドリフトでは膨大な負荷がかかり、破裂し、制御不能になることは多い。

タイヤのチェック、路面の状態と路面温度の確認も必要。車の制御機器が破損した場合も同様、制御不能に陥る。加速している場合、一度コントロールを失うと手がつけられない。

2重3重の防護壁が必要だ。F1やラリーでは観客席に車が宙を舞い飛んでくることもある。