sponsored

昨年9月、兵庫県尼崎市で乗用車が標識柱に衝突して炎上し、助手席の女性会社員=当時(18)=が死亡した事件で、女性の両親が運転していた同市の少年(19)や両親らに計約9900万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回弁論が25日、神戸地裁尼崎支部であった。被告側は法廷に出席せず、書面で請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

以上報道より参照

法廷に出席もしない人間が民事裁判で負けて損害賠償請求されても払わないと思われる。



 

兵庫県尼崎市で昨年9月、乗用車が標識柱に衝突して炎上し、助手席の女性会社員=当時(18)=が死亡した事件で、女性の両親が運転していた同市の少年(19)や両親らに計約9900万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回弁論が25日、神戸地裁尼崎支部であった。被告側は法廷に出席せず、書面で請求棄却を求め、争う姿勢を示した。

6/25(火) 23:39
神戸新聞NEXT
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000026-kobenext-soci