アイコン 蒲鉾の「美濃屋」(株)美濃屋吉兵衛商店/民事再生取り下げ 銀行協力で自主再建へ

天正年間・戦国時代の天正年間創業の蒲鉾店「美濃屋」の(株)美濃屋吉兵衛商店(神奈川県小田原市成田944-6、代表:鈴木吉兵衛)は1月28日、横浜地裁小田原支部へ民事再生法の適用申請を行っていたが、3月9日に申し立てを取り下げた。

債権額の大きい銀行が自主再建を支援することになった。

内容は既報のとおりだが、銀行も融資金の法的な債務免除手段では同社のADRによる再建があったはずだ。銀行の足並みがそろわず、資金繰りに窮した同社が民事再生申請の手段を講じたことも考えられる。

ADRにしろ、何にしろ一般取引先に迷惑がかからない再建ができれば最善の選択だ。

歴史とブランドが同社を民事再生などの経営破たんから救済したようだ。

http://n-seikei.jp/2015/01/post-26649.html

 

[ 2015年3月13日 ]
スポンサード リンク

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 
JCNET注目記事!
「医療法人社団菫会」前田章理事長と黒い巨頭(06/08 11:36) 2015:06:08:11:36:29
PR いま建設業界の求人が急増中、当サイトおすすめの「建設・建築求人ナビ」 が便利です。


PICK UP

↑トップへ