sponsored

海海洋再生エネルギー関連コンサルティングの英アクアテラ(スコットランド・オークニー諸島)は九州に進出する。

日本の海洋環境調査会社と提携、長崎・五島列島沖などで海底の地形や潮流など九州の海況に関するデータベースを年内にも構築する。

データベースやコンサルのノウハウを活用し、「潮流発電」や「洋上風力発電」など海洋再生可能エネルギーの実用化を後押しする。

アクアテラ社は、海洋環境を調査する渋谷潜水工業(神奈川県平塚市、渋谷正信社長)と提携する。

五島沖では環境省主導で、すでに浮体式海洋風力発電の実証実験が行われている。

会社名
株式会社 渋谷潜水工業
本社地
神奈川県平塚市根坂間821-11
代表者名
渋谷正信
設立
昭和55年11月9日
資本金
1200万円
取引銀行
横浜銀行 さわやか信用金庫
業務内容
海洋工事事業
海洋・水中環境保全事業
海難救助
サルベージ事業
研究開発
海洋コンサルタント
保守・メンテナンス
水中ビジュアルコンテンツ制作
プロダイバーの育成
設備
水中遠隔操作探査機ROV
水中バックホウ
災害復旧
特殊水域における潜水
水中スタッド溶接
特殊サンドポンプ浚渫
安全装置
調査
水難救助・捜索
藻場造成
水中工事
水中バックホウや水中遠隔操作探査機ROVによる工事
 
 
環境省主導 浮体式風力発電の実証事業
設備名称
崎山沖2MW浮体式洋上風力発電所
所在地
長崎県五島市下崎山町崎山漁港の沖合(約5.0㎞)
所有者
五島市
運転管理者
五島フローティングウィンドパワー合同会社
 
戸田建設100%子会社
船名
(非自航船)はえんかぜ
風力発電機
ダウンウインド型 HTW2.0-80(日立製作所、2MW級)
浮体施設
構造形式:ハイブリッドスパー型/係留:3点係留カテナリー方式