既報。土木工事の木川商事(株)(所在地:茨城県行方市山田***)は1月5日事業停止、事後処理を飯田雄大弁護士(電話03-3568-1394)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

sponsored

負債額は約2億円。

同社は昭和5年創業の土木工事会社。もともとは霞ヶ浦の水産物の佃煮など製造していたが、漁獲量の減少から、昭和50年代に土木工事に進出し、建材販売も行い以前は3.5億円あまりを売り上げていた。

しかし、官庁の土木工事が減少し続け、下請受注が増加して採算性を悪化させていた。しかし、その後も労務費高騰もあり採算性は改善せず、資金繰りにも窮するようになっていた。