女性用雑貨品販売の(株)ビクトリー・ラブ(所在地:大阪市東成区玉津***)は1月20日事業停止、事後処理を橘高和芳弁護士(電話06-6770-7212)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

sponsored

同社は平成20年2月設立の女性向け雑貨品の小売店。「インセンスラブ」お「ミルキーウェイ」の店舗名で10店舗あまり展開し、アクセサリーやぬいぐるみ、服飾雑貨などを販売していた。しかし、消費不況で販売不振が続き、赤字から厳しい資金繰りに至っていた。不採算店の一部を閉鎖したり、売却したりして経営の建て直しを図っていたが、効せず今回の事態に至った。