カトリック牧師といえども去勢しない限り普通の人、セクハラ教育を徹底しなければ、教会そのものが権威主義の塊であり、セクハラ・パワハラは蔓延する。
世界でこれまでに幼児性暴力虐待事件でどれほどの神父たちが、逮捕されたり,、神父の資格を剥奪されたことだろうか。

カトリック長崎大司教区(長崎市)の高位聖職者を含む司祭からパワハラを受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症し休職を余儀なくされたとして、教区の50代女性職員が長崎労働基準監督署に労災申請することが21日、分かった。
女性の代理人弁護士が長崎県諫早市で記者会見し、明らかにした。

弁護士によると、女性は平成29年に教区に開設された「子どもと女性の人権相談室」の窓口担当者で、聖職者による性被害などの相談を信徒から受けていた。

sponsored


女性は31年2月、100人以上の司祭らを前に教区幹部から叱責されたり、「思い通りになると思うなよ」「一信徒のくせに」などの暴言を受けたりして徐々に体調を崩し、今年6月末から休職を余儀なくされたとしている。

女性は弁護士を通じ「現在、強いフラッシュバックや心身に症状を抱え苦しんでいる」とコメントした。長崎大司教区の担当者は取材に「現時点で何もコメントできない」とし

カトリック長崎大司教区は、長崎市に司教座を置くキリスト教・カトリック教会の教区。司教座聖堂は浦上教会(浦上天主堂)。信者数は約6万2千人、管轄区域は長崎県1県だが県内を7区域に分け管理している。九州・沖縄の統括管轄区でもある。

浦上天主堂のほか、国宝大浦天主堂、出津教会、島原教会、三浦町教会(佐世保)、平戸ザビエル記念教会、田平教会、堂崎天主堂、青砂ヶ浦教会(五島)など著名な多くの教会群を擁している。