アイコン こんにゃくの(株)徳田食品(山梨)/事業停止

 

スポンサード リンク
 
 

老舗のこんにゃく製造業者の(株)徳田食品(所在地:山梨県上野原市桑久保***)は9月4日、事後処理を深沢清人弁護士(電話042-578-8666)に一任して、事業を停止した。

負債額は約2億円。

 当社は昭和2年創業のこんにゃく・しらたきなどの製造会社。同社は東京の(株)徳田から分離し、法人化された経緯があり、徳田への卸をメインに、飲食店向けの業務用に展開していた。

平成30年8月期には3億円以上の売上高を計上していたものの、共稼ぎ世帯の増加で家庭用が伸び悩み、業務用は採算性が悪く利益を悪化させていた。設備投資に関わる彼入れ負担も大きく、ここにきて資金繰りにも窮するようになり、今回の事態に至った。

 

[ 2019年9月 6日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ