アイコン (株)ベレッツァ(大阪)/自己破産へ サンヤマモトに連鎖

 

スポンサード リンク
 

衣料ブランド品輸入卸販売の(株)ベレッツァ(所在地:大阪府大阪市中央区北久宝寺町***)は11月5日、事後処理を一津屋香織弁護士(電話06-6363-5356)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

同社は平成2年創業の輸入ブランド婦人服の卸販売会社。ミセス層向けのイタリアブランド「ANNA BASSANI」などを扱うか、バッグ類を、本店で野販売のほか、百貨店や専門店へ卸し、2億円以上の売上高を計上していた、

しかし、10月1日に負債額約9億円を抱え自己破産した東京の(株)サンモトヤマに対し1500万円以上の不良債権が発生、支えきれず、今回の事態に至った。

追、売上先の倒産はいつ発生するかわからない。定期的に調査を行うか、噂や取引上の変化があれば迷うことなく、信用度が格段上の帝国データバンクや東京商工リサーチへ企業調査をお願いする必要がある。調査報告書の受領では書かない情報もあるため、調査マンに対し記載以上のない情報がないかどうかも確認しておく必要があろうか。そうした経費は必要だ。

 

最近、アパレル販売・卸企業の経営破たんが後を絶たない。少子高齢化は進み、政治により低賃金の非正規(公務員でもいまや1/3が非正規)は拡大するばかりで消費不況も続く、中古服店が場所によっては賑わっている。

[ 2019年11月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ