sponsored

大型の巻き網漁船の船団による道東沖でのマイワシ漁は、資源が回復傾向にあることから去年よりも1か月ほど早い6月下旬から始まり、釧路港では連日盛んに水揚げが行われていたが、好調だった去年をさらに上回るペースで水揚げが行われていることがわかった。

3日朝も漁船が次々に港に戻り、脂ののったマイワシを水揚げしていたという。

以上報道より参照

北海道まき網漁業協会によれば、ことしの水揚げ量は8月まででおよそ3万2000トン。

好調だった去年の同じ時期と比べておよそ2万トン多くなっている。

今年もサンマが不漁、市場はマイワシが主力になるといわれている。

 

0903_03.jpg

 

道東マイワシ漁 去年以上に好調

道東沖のマイワシ漁が本格化し、釧路港では好調だった去年をさらに上回るペースで水揚げが行われています。

大型の巻き網漁船の船団による道東沖でのマイワシ漁は、資源が回復傾向にあることから去年よりも1か月ほど早い6月下旬から始まり、釧路港では連日盛んに水揚げが行われています。