sponsored

既報。野菜など生産の農事組合法人新潟育苗センター(所在地:新潟市西蒲区松野尾***)と関連で青果物卸の(株)ツーワン(同所)は12月23日、事後処理を今井慶貴弁護士(電話025-280-1111)ほかに一任して、事業を停止した。

負債額は農事組合法人新潟育苗センターが約3億5千万円、(株)ツーワンが約2億5千万円。

農事組合法人新潟育苗センターは平成11年1月設立の野菜などの組合農事法人。ハウスを設け各種野菜類やスイカなど果物を生産して以前は3億5千万円以上の売上高を計上していた。しかし、その後は売上高が減少し、最近では資金繰りにも窮するようになっていた。

(株)ツーワンは、直売所や外食産業への販売など行い令和元年6月期には約2億5千万円の売上高を計上していた。しかし、取引関係でもあった新潟育苗センターの破綻に連鎖した。