sponsored

既報。まつげエステ・ネイルサロン展開の服田ホールディングス(株)(所在地:東京都渋谷区渋谷*** )は12月26日、東京地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

民事再生申請時の負債額は約2億7千万円。

 

以下、民事再生申請時の一文。

”同社は平成20年2月設立された「レイア」の屋号のまつげエクステンション・ネイルサロン運営会社。その後、中古車販売事業や学習塾事業にも展開し、平成30年1月期には10億円以上の売上高を計上していた。しかし、高級商業施設への出店で高額な賃料が負担となり、主力のサロン事業の採算性が悪化、不採算店舗を閉鎖などして対応し、再建策も講じていたが不調に終わり、資金繰りに窮し、抜本的な財務内容の改善を図るため、民事再生の申請となった。”

 

破産管財人には、柴田義人弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和2年2月13日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年3月18日午前10時。

事件番号は令和元年(フ)第9460号となっています。

 

既報記事
追報:エステサロン「レイア」の服田ホールディングス(株)(東京)/再生手続廃止及び包括的禁止命令