sponsored

既報。建築業の堀田建設(株)(所在地:広島市南区出汐2丁目3番7号  代表:藤澤信也)は1月6日、広島地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

申請時の負債額は約16億円。

同社は昭和28年8月設立の建築業者。

ビルや病院、公共施設、商業施設など幅広く受注し、以前は30億円以上の売上高を計上していた。しかし、最近では官庁の建築工事案件が少なくなり、受注競争も激化し受注減、人手不足による労務費や外注費の高騰、また資材も高騰し、建築コストが大幅に上昇、同社は採算性も悪化させ、平成31年4月期には17億円台まで売上高が減少、赤字経営に至っていた。

戸建住宅事業を強化するなど対策を採ったものの奏功せず、資金繰りにも窮するようになり、今回の事態に至った。

 

破産管財人には、今田健太郎弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和2年2月12日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年4月22日午後1時30分。

事件番号は令和元年(フ)第1075号となっています。

 

堀田建設(株)の財務内容と業績 平成31年4月期/千円
流動資産
1,095,957
流動負債
1,163,839
 
 
固定負債
286,842
固定資産
591,107
自己資本
236,383
 
 
(資本金)
70,000
総資産
1,687,064
負債+資本
1,687,064
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
1,785,686
258,041
12,243
14.0%
・建築業
 

 

既報記事
追報:堀田建設(株)(広島)/自己破産申請 負債16億円