既報。遊戯機リース、ゲーセンの(株)富国マシン(新潟市東区江南***)は1月4日、事後処理を鈴木勝紀弁護士(、電話025-224-8111)に一任して、事業を停止した。

負債額は約3億円。

sponsored

同社は昭和52年12月設立の遊技機器リースとゲームセンター運営会社。施設や店舗などに遊技機をリースし、ゲーセンやネットカフェの店舗を展開、以前は5億円以上の売上高を計上していた。

しかし、ネットカフェは乱立により不振に陥り撤退、本業のリース部門を強化してきたが、消費不況から売上高は伸びず、平成30年11月期の売上高は2億円あまりまで落ち、決算では撤退損などから大幅な赤字を露呈し債務超過に陥り、過去の店舗展開などの借入負担も大きく、動向が注目されるなか、今回の事態に至った。