既報。建築・土木工事の鹿取建設(株)(所在地:横浜市中区末吉町*** )は1月7日、横浜地裁において破産手続きの開始決定を受けました。

停止時の負債額は約4億円。

同社は昭和33年7月設立の建築・土木工事業者。建築工事や土木工事、舗装工事など地元の建設工事を直接・間接受注し、以前は16億円以上の売上高を計上していた。

sponsored

しかし、その後は受注競争も激しくなり、平成30年5月期には4億円台まで売上高が落ち、採算面も人手不足、労賃高騰から悪化させ、赤字に陥り、債務超過に至っていた。

破産管財人には、堀口憲治郎弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和2年2月10日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和2年4月20日午後1時30分。

事件番号は令和元年(フ)第2944号となっています。

 

鹿取建設(株)の財務内容と業績 平成30年5月期/千円
流動資産
256,174
流動負債
194,395
 
 
固定負債
235,744
固定資産
170,530
自己資本
-3,435
 
 
(資本金)
24,000
総資産
426,704
負債+資本
426,704
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
406,274
53,755
-5,457
債務超過
・、建築工事、土木工事、舗装工事ほか
 

 

 

既報記事
鹿取建設(株)(神奈川)/弁護士一任