既報。旅館・ホテル経営の(株)ベリークルーズ(東京都港区三田3-9-9、代表:野村日狩)は1月16日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、上田慎弁護士(電話03-5542-1453)が選任されている。

負債額は約7億円。

sponsored

同社は平成17年6月設立の旅館・ホテル運営会社。ペット可の宿泊施設を展開し、旅館「伊豆修善寺 絆」やホテルの「しぶごえ館山」、「フェニックスウイング白馬」、「鬼怒川 絆」などを運営し、平成28年5月期には8億円以上の売上高を計上していた。

しかし、既存施設の買収や設備にかかわる借入負担が経営を圧迫し続け、消費不況から売上高も伸びず、経営に行き詰った。