前田道路が、前田建設工業のTOBに叛旗を掲げ3月6日を基準日にした1株あたり650円の特別配当、総額は535億73百万円にも及ぶ。

そして、その特別配当は、4月14日に臨時株主総会を開催して、株主から承認を取るとしている。
 
同社は前田建設工業による敵対的TOBに反対しており、その理由として、2019年3月期の同社と前田建設との直接取引は、同社の年間連結売上高の0.76%に留まり、前田建設の事業上の関係性は極めて乏しく、前田建設及びその子会社及び関連会社(同社の子会社及び関連会社を除く)をもって、同社の「グループ」とは捉えておらず、異なる事業領域において異なる事業方針を有する独立した別個の事業体であると考えており、この点においても前田建設の考え方には同意しかねるとしている。
同社はまた、議決権比率にて約4.06%の前田建設の株式を保有しているが、前田建設との関係から業績向上に寄与する事業シナジーが創出される見込みはなく、前田建設との資本関係を速やかに解消することが、同社にとって最善の策であるとしている。
 
前田道路は、もともと高野建設という社名で前田建設とは無関係。それが1962年に経営不振により会社更生法の適用申請を行い、前田建設の支援で再建を果たした経緯があるが、半世紀以上前のこと。

 
sponsored
前田建設工業は前田道路の24.38%の株を所有しているが、経営に作用する最低の株数である1/3を保有していないところに今回の前田建設の賛同買収の失敗に至っている。
TOBにおける買付価格1株当たり3950円
TOB開始日1月21日~
 
前田道路の株価は特別配当発表に19日はほとんど反応せず、20日は13時40分現在、前日比▲225円安の3485円で推移し、1月20日以来の3600円を割れる安さとなっている。
株価は前田建設工業の公開買付価格の3950円を一度も超えていない。
このことは、まだ前田建設工業に分があるようだ。
香港の投資ファンドなどは高額配当より、目先の投資効率を重視する。株価が下げたことからも何かの動きがあっているようだ。

 

前田道路
連結/百万円
2019年3月期
19/3期に換算した場合、特別配当消費額は535億73百万円、自己資本はその分減り1526億74百万円となる。自己資本率はそれでも52.6%。1株1000円以上の特別配当ならば、この世は銭しだい心変利するかも。
売上高
223,757
営業利益
17,122
経常利益
17,636
当期利益
11,482
総資産
290,007
自己資本
206,247
資本金
19,350
自己資本率
71.1%
 
配当に500億円使ったところで、24.38%は前田建設に入る。