アイコン 5月13日、令和に相応しい長崎県議会の議長・副議長が決まる

 

 

令和元年、令和に相応しい長崎県議会の議長・副議長が5月13日(月)に決まる。

議長というのは議会の最大会派から選ばれるのがふつうだ。

現在の長崎県議会の最大派閥は自民党県民会議(会派長・田中愛国氏)の17名である。

それに続く第二会派が瀬川グループ(瀬川光之氏)の14人だったが、ここにきて、平戸市選出の西川克己氏(無投票)が議長の椅子を餌に瀬川グループに合流し、15人となっている。

そもそも瀬川グループというのも胡散臭いグループだが、この西川克己なんてのは政治家という前に人として信用できない最低な男である。

0509_01.jpg

スポンサード リンク

この西川という県議は自民党県民会議に所属し、自民党三役の総務会長を務めていたが、今回の県議選の真っ最中に自民党県民会議を離脱し、自民党清風会(1人)を名乗っていた。

瀬川グループに合流した理由がふるっている。

大物国会議員に平戸市市議会議員の大物市議を対抗馬に擁立するぞ、と脅され、更に人事(議長の椅子)を餌に、あっちにくっつき、こっちにくっつきという見苦しさである。

0509_02.jpg

また、瀬川グループを名乗る瀬川光之のとんでもない行状まで明らかになってきている。

0509_03.jpg

瀬川氏は昨年10月、夜逃げ同然のようにして倒産した五島産業汽船(野口順治社長)から多額の寄附金を受けていたのが明らかになっている。

五島産業汽船(野口順治社長)は長崎県から多額の補助金を頂戴していたが、その一部が自民党長崎県連の幹事長だった瀬川光之氏の懐に入っていた事実である。

五島産業汽船(野口順治社長)が長崎県から頂戴していた補助金は長崎県民、国民の血税である。
ここにきて五島産業汽船(野口順治社長)の補助金の不正請求(詐欺)のカラクリが明らかになろうとしている。

0509_04.jpg

昨日、本誌は瀬川氏に取材の面会を申し込んでいたが、5月13日の人事が終わるまで会えないとの返事だった。

会う会わないは瀬川氏の勝手だが、取材や調査は勿論、書く書かないも本誌の勝手である。

議長云々の前に議員としての資格、人としての資質に問題ありと言ってるのである。

瀬川さんよ、長崎県議会の議長になる、ならないの前に、五島産業汽船(野口順治社長)から流れてた金の説明を県民にきちんとしなさい。

スポンサード リンク
[ 2019年5月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ