アイコン マリオ&ルイージRPGの(株)アルファドリーム(東京)/破産開始決定 Gソフト受託開発会社

 

スポンサード リンク
 
 

ゲームソフト受託開発会社の(株)アルファドリーム(東京都渋谷区渋谷2-19-19、代表:前川嘉彦)は10月1日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、熊隼人弁護士(電話03-5224-6627)が選任されている。

負債額は約4億5千万円。

同社は平成3年5月設立のゲームソフトの企画・開発会社。大手メーカーから企画・開発を受託し以前は3億円以上の売上高を計上していた。自社で開発要員を抱え「マリオ&ルイージRPG3 DX」や「とっとこハム太郎」のシリーズなど担当・開発してきた。

しかし、最近は、人手不足もあり開発コスト増が業績を圧迫、赤字経営が続き債務超過に至り、資金繰りにも行き詰まり今回の事態に至った。

 

マリオ&ルイージ

 

 

[ 2019年10月 2日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ