アイコン 要約版 子供服の(株)RONI WORLD(東京)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 
 

破綻企業名:(株)RONI WORLD

本社所在地:東京都港区海岸3-18-1

本店登記地:東京都中央区東日本橋2-27-9(営業部)

代表:岡田雅登

設立:平成27年8月

資本金:5000万円

売上高:(平成30年1月期)3億5000万円

破綻状況:自己破産申請の準備

受託弁護士:令和元年10月11日、増田充俊弁護士(増田総合法律事務所、東京都港区西新橋2-18-1、電話03-3578-8388)に申請処理一任。

負債額:約12億円。

破綻経緯:

同社は平成27年4月に民事再生法を申請した(株)アダプトから子供服ブランド「RONI」の営業権を譲り受け、引き継いだ10店舗で子供服の企画、販売を手掛けていた子供服企画販売会社。

その後、子供服ブランドの「BANANA CHIPS」も別会社から譲り受けていた。

全国のファッションビルなどで販売していたほかネットでも販売し、引き継いだ店舗の不採算店舗の5店舗を撤退、埼玉・越谷レイクタウン店、東京・京王百貨店新宿店、東京・お台場ヴィーナスフォート店、名古屋パルコ店、イオンモール福岡店の5店舗で販売し、平成29年1月期には約5億円の売上高を計上していた。

しかし、消費不況から平成30年期には約3億5000万円まで売上高が減少、赤字が続き、債務超過に至っていた。

その後も売上高は改善せず、今年に入り埼玉・名古屋・福岡などの店舗を閉鎖、10月11日には東京・台場のヴィーナスフォートも閉鎖し、京王百貨店新宿店の1店舗だけの運営としていた。しかし、債務超過でもあり、資金繰りにも窮し、今回の事態に至った。

[ 2019年10月17日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ