アイコン (株)日浅組、日彰開発(有)(広島)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 
 

解体工事・土木工事の(株)日浅組(所在地:広島県安芸郡府中町浜田本町***)と関連で解体工事業の日彰開発(有)(同所在地)の2社は10月31日事業停止、申請処理を野田隆史弁護士(電話082-227-2411)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は(株)日浅組が約8億円、日彰開発(有)が約5千万円。
 
(株)日浅組は昭和43年創業の解体工事業者。ビル等の解体工事や土木・道路工事などを手がけ、建設残土や建設廃棄物の中間処理施設を持ち、大手ゼネコンからのビル解体などを主に受注し、以前は20億円以上の売上高を計上していた。
しかし、広島市の都市圏の解体工事案件が減少し続け、平成30年7月期の売上高は8億円台まで落ち、経常段階で▲77百万円の赤字を露呈、債務超過に陥り、再建を模索してきたが、資金繰りに行き詰まり今回の事態に至った。

日彰開発(有)は日浅組に連鎖した。

 

(株)日浅組の財務内容と業績 平成30年7月期/千円
流動資産
375,133
流動負債
397,821
 
 
固定負債
323,086
固定資産
338,226
自己資本
-7,548
 
 
(資本金)
120,000
総資産
713,359
負債+資本
713,359
売上高
粗利益
経常利益
自己資本率
842,501
41,432
-77,290
債務超過
・、解体工事、土木工事業ほか

 

[ 2019年10月31日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ