アイコン 要約版 (株)日本オーナーズクラブ/民事再生申請 負債145億円

 

スポンサード リンク
 
 

会員制リゾートクラブ運営の(株)日本オーナーズクラブ(所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-8-12 代表:片桐仁志)は11月7日、東京地裁において民事再生法の適用を申請、同日に保全管理および監督命令を受けた。

負債総額は約145億円。

資本金は1億円。

同社は、昭和54年5月に設立、現在運営する「ホテルグリーンプラザ浜名湖」と「ホテルグリーンプラザ富士」は、営業を継続中とのこと。

申請代理人には、多比羅誠弁護士(03-3356-5251)が選任されている。

 

1108_13.jpg

 

要約版 破綻企業内容 

 

1

破綻企業名

(株)日本オーナーズクラブ

 

2

本店所在地

東京都中央区日本橋堀留町1-8-12

 

3

代表者名

片桐仁志

 

4

設立・創業

設立:1979(昭和54)年5月

 

5

資本金

1億円

 

6

業種

リゾートホテルの区分所有権の販売

 

会員制ホテル運営

 

7

売上高

平成30年8月期:10億8000万円

 

8

破綻内容

民事再生法の適用申請

 

9

申請日と裁判所

11月7日、東京地方裁判所

 

10

申請代理人弁護士

多比羅誠弁護士(ひいらぎ総合法律事務所)

 

東京都港区西新橋1-6-13

 

11

問い合せ先

電話03-6629-7509 月~金09時~17時

 

12

監督員

蓑毛良和弁護士(三宅・今井・池田法律事務所)

 

東京都新宿区新宿1-8-5 

電話03-3356-5251

 

13

負債額

約145億円

 

14

債権者数

258人、うち会員255人

 

15

スポンサー有無

不明

 

16

債権者説明会

11月12日、品川区内で開催予定

 

 

 

17

破綻経過等

同社はバブル期に国内外に28ヶ所のリゾートヴィラを保有し、区分所有権を販売していたが、バブル崩壊で売れず販売停止、賃貸に事業転換し、御殿場の「ホテルグリーンプラザ富士」と「ホテルグリーンプラザ浜名湖」を運営していた。しかし、会員の募集停止により会員数の減少が継続し、ビジターも含め利用客の減少から、資金繰りに窮するようになり、今回の措置となった。

 
 
 
 
 
 
 

特記

・同社は民事再生申請のため営業は継続しておこなわれている。

 

 

 

[ 2019年11月 8日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ