アイコン カー用品卸の(株)ナポレックス(東京)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 
 

自動車用収納等カー用品卸の(株)ナポレックス(所在地:東京都葛飾区小菅***)は事業停止、11月5日に事後処理を堤世浩弁護士(電話03-5357-1305)ほかに一任して自己破産申請の準備に入った。

負債額は約11億円。

同社は昭和30年10月設立のカー用品の卸会社。自社企画し、製造は国内や海外へ外注、自動車用品販売店を対象に以前は70億円以上の売上高を計上していた。

しかし、自動車メーカーがファミリーカーに注力し、客のニーズを取り入れ、ドリンクホルダーなどをいっぱい付けたことから、同社の売上高は、消費不況もあり、平成31年1月期には14億円台まで落ち、この間、赤字も続き、債務超過から資金繰りにも窮するようになり、事業を別会社に譲渡し、今回の事態に至った。

 

[ 2019年11月 8日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ