アイコン 要約版 (株)七豊物産ほか2社(東京・群馬)/破産開始決定 リサイクルショップ・ゴールドフォンテン

 

スポンサード リンク
 

既報。シロクマの買い取り屋さんの「ゴールドフォンテン」店舗の(株)七豊物産(東京都台東区東上野***)と関連の(株)草木染オーガニック研究所(同、同)および(有)高崎中央有料駐車場(群馬県高崎市元紺屋町6、代表:向井敬介)の3社は11月12日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、武井洋一弁護士(電話03-3527-2121)が選任されている。

負債額は七豊物産は約7億円。

破綻企業 要約
1
破綻企業名
(株)七豊物産
2
本店所在地
東京都台東区東上野***
3
代表者  
4
設立・創業
昭和57年10月/創業:慶長3年(1598年)
5
資本金
2000万円
6
業種
ブランド物や宝飾品の買取および販売業
慶長年間創業の「きもの京林」の呉服店経営
7
店舗屋号等
東京から関東に20店舗運営 うちリサイクル16店舗
ゴールドフォンテン、リーマーケット、ル・ディアモン、京林
「シロクマの買い取り屋さん」で名が知れていた
8
売上高
平成28年9月期約21億円
9
従業員数
98人(平成29年6月現在)
10
破綻内容
破産手続きの開始決定
11
破綻日・裁判所
11月12日、東京地方裁判所
12
破産管財人
武井洋一弁護士(明哲綜合法律事務所)
電話03-3527-2121
13
負債額
約7億円、債権者数は607人
14
連鎖破綻の関連会社
(株)草木染オーガニック研究所(所在地:同/代表:同)
(有)高崎中央有料駐車場(群馬県高崎市元紺屋町6、代表:向井敬介)
15
破綻経過等
同社は慶長3年(1598年)創業の老舗呉服店「きもの京林」の経営から、ブランド品や宝飾品のリサイクルショップにも展開、一時は30店舗を首都圏に展開し、平成28年9月期には約21億円の売上高を計上していた。しかし、その後はネットオークションやネット個人販売用サイトの乱立により、リサイクル事業が低迷し続け、呉服は消費不況で低迷のままで、この間、不採算店舗の閉鎖など進めてきたが赤字が止まらず、債務超過に陥り、今回の事態に至った。

[ 2019年11月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ