アイコン (株)エスペランサ(東京)/弁護士一任

 

スポンサード リンク
 

運送業の(株)エスペランサ(所在地:東京都あきる野市小峰台***)は11月19日、債務整理を大森浩司弁護士(電話03-6801-5440)に一任した。

負債額は約6億円。

同社は平成25年6月設立の運送会社。スポットの中距離輸送を得意とし平成30年4月期は17億円台の売上高を計上していた。

しかし、平成29年11月7日に国交省から法令違反により70日間の輸送施設の使用停止処分を受け、信用を損ない、業績不振に陥っていた。

同社は関係者が別会社を作り運営する動きとなっている。

 

国交省の監査による違反行為

法令違反の疑いがある旨の情報を端緒として平成27年10月22日、監査を実施。

8件の違反が認められた。

(1)乗務時間等告示の遵守違反(貨物自動車運送事業輸送安全規則第3条第4項)、

(2)健康状態の把握義務違反(貨物自動車運送事業輸送安全規則第3条第6項)、

(3)乗務等の記録事項義務違反(貨物自動車運送事業輸送安全規則第8条第1項)、

(4)運転者に対する指導監督違反(貨物自動車運送事業輸送安全規則第10条第1項)、

(5)初任運転者に対する適性診断受診義務違反(貨物自動車運送事業輸送安全規則第10条第2項)、

(6)定期点検整備の実施違反(貨物自動車運送事業輸送安全規則第13条、道路運送車両法第48条第1項)、

(7)事業計画の変更認可違反(貨物自動車運送事業法第9条第1項)、

(8)事業計画事後届出違反(貨物自動車運送事業法第9条第3項)

[ 2019年11月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産