アイコン 旧、鳥居製缶の(株)CT商事(静岡)/特別清算

 

スポンサード リンク
 
 

茶缶製造の旧(有)鳥居製缶の(株)CT商事(静岡市葵区北番町78-1、代表清算人:鳥居廣)は12月4日、静岡地方裁判所において、特別清算の開始命令を受けた。

負債額は約4億円。

同社は大正10年創業の老舗の茶缶製造業者。日本茶などの茶缶を主に海苔缶などのスチール缶容器を製造し、茶業者や製茶業者、農協などへ販売し、以前は7億円以上の売上高を計上していた。しかし、伊藤園のお~いお茶に代表されペットボトル茶が人気を博し、茶葉の需要が減り、同社の売上高は平成30年1月期には2億円を割り込むまでに減少し、債務超過に陥っていた。事業の再建を図るため、同社は今年3月に事業分割、現業部門を新(株)鳥居製缶に譲渡し、同社は(有)鳥居製缶から(株)CT商事に社名変更し、7月に解散を決議していた。

追、特別清算であり、事業を承継した新(株)鳥居製缶の営業は当然継続されている。


 

[ 2019年12月18日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産